葛飾区に対応しているポスティング業者紹介の葛飾区ポスティング.com|葛飾区の紋章・鳥・花・樹木

「葛飾区ポスティング.com」のサイトに関するお問い合わせ電話番号

葛飾区あれこれ

葛飾区の紋章・鳥・花・樹木

葛飾区の紋章・鳥・花・樹木の写真

 葛飾区の紋章

葛飾区のマークは、昭和26年に制定されたものです。伸びゆく葛飾区を象徴する意味で「カツシカ」の頭文字の「カ」と(力)(ちから)を併せた意味をもちます。

 葛飾区のコミュニケーションマーク

葛飾区の紋章と花(花しょうぶ)をモチーフに、江戸川・中川・荒川をイメージしています。区役所の理念を反映し、葛飾らしさを象徴する新しいマークとして平成元年3月に決定しました。封筒や車両、標識類に使用し、区役所の新しいイメージづくりを進めます。

 葛飾区の花(花しょうぶ)

昭和46年8月の公募で制定されました。
初夏の水辺を彩る日本の代表的な花です。江戸時代、区内では堀切などで盛んに栽培され、明治・大正時代には、イギリス・ドイツへ輸出されました。毎年6月が見ごろで、堀切菖蒲園、水元公園などで多くの人たちの目を楽しませてくれます。

 葛飾区の樹木(しだれやなぎ)

葛飾区の花と同様に、昭和46年8月公募で制定されました。
早春、葉が伸びきらないうちに黄緑色の花が咲き、柔軟な糸のような枝はうす緑に染まり、春を真っ先に告げてくれます。低地などの悪条件に耐え、環境に適応することから街路樹や庭木などに使われています。

(葛飾区資料提供)